税理士、たまにはまったり行きましょう


by j5m2c5lkh2

5月から市町村ごとに発表=気象庁の警報・注意報(時事通信)

 気象庁は21日、大雨や洪水などの警報・注意報を5月から計約1780の市町村単位で発表することを明らかにした。現在は都道府県を幾つかに細分化し、全国計374の地域ごとに発表しているが、住民が自分の住む市町村が警報・注意報の対象かどうか、すぐに分かるようにするため。
 集中豪雨などの局地的な現象が発生した際に、より的確に対象を絞って警報・注意報を発表したり、大規模な現象が起きてから時間が経過した際に、早めに解除したりする上で効果的という。
 一方、発表の分量や回数が増える問題もある。テレビやラジオで警報・注意報が報道される際には、引き続き現在の地域ごとに伝えられる場合がある見込み。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

病院再診料、診療所並みに引き上げを―民主議連が報酬配分で要望(医療介護CBニュース)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
使用済みインプラント、別人に使い回しの疑い(読売新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
芸術劇場リンク先 改竄ウイルス感染(産経新聞)
[PR]
by j5m2c5lkh2 | 2010-01-28 14:03